インプラント

インプラントに
​ついて

自分の歯の替わりに、人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製し、噛み合わせを回復する治療法です。ブリッジや入れ歯に次ぐ3つ目の治療法となります。

インプラント

インプラントとは

歯を失った時の治療法となります。人工の歯根を顎の骨に埋め込み、人工の歯を装着します。固定性があるため、ずれたりすることがありません。ご自身の歯に近い感覚で日常生活をおくる事ができます。

治療対象者

インプラント治療は、1本からすべての歯まで対応可能です。しかし誰でもインプラント治療が受けられるわけではありません。

治療は手術が必要になるため、インプラントを埋める部位のあごの骨が丈夫でない方・全身の状態が悪い方・循環器や呼吸器系疾患、骨粗しょう症、糖尿病などの既往歴がある方などは、治療を受けられない事もあります。まずは、当院にお気軽にお問い合わせください。

歯科
 

インプラントのメリット・デメリット

メリット

〇違和感がほとんどない

〇見た目が天然歯に近い

​〇自分で行なうケアが簡単

〇他の歯に負担をかけることが少ない

〇メンテナンスすることで長い寿命を期待できる

〇歯槽骨の吸収を抑制できる

〇咀嚼能力が天然歯と同等

デメリット

〇外科手術が必要になる

〇保険がきかないので高額になる

〇治療期間が長くなりやすい

〇歯槽骨の量が十分でないと治療が適応とならない

​〇定期的なメンテナンスが必要

 

インプラントの治療方法

1.ご相談・コンサルテーション予約

手術内容や治療費用など、疑問やご不安・気になることがある場合には、お気軽にご相談下さい。インプラントの概要、メリット・デメリットなどを、丁寧にご説明いたします。ご希望される方は、お電話にて予約して下さい。

2.ご来院~精密検査・術前診断

問診票などへの記入後、カルテの作成や検査や歯型、レントゲン撮影を行います。歯や噛み合わせなどの確認をします。ご必要があれば、他院にてCTスキャンの撮影を行い、あごの骨密度などを細かく検査をお願いします。

3.カウンセリング

歯並びなどの状態、失った歯の数、骨の硬さなどから、インプラントの種類・本数・サイズ・インプラント手術の流れ・治療費用などについて、丁寧にご説明します。手術前に必要な歯周病・むし歯治療なども、ご説明します。

4.初期治療

歯周病・むし歯などの治療や正しいブラッシング方法の確認をおこないます。

5.一次手術(インプラント埋入)

歯の根となる、インプラント体をあごの骨に埋め込みます。骨の高さなど不足している場合は、増やすための処置を、あわせて行う場合もあります。埋め込む本数や再生治療などにより、処置時間は変わります。

6.治癒期間(約2~6か月目安)

インプラントと骨がしっかり結合するまで待ちます。期間は、治療部位や骨の状態により変化します。おおよそ2~6が月が目安となります。

7.二次手術(アバットメント取付)

インプラントと骨が結合していることが確認できたら、人工歯冠を接続するためのアバットメントという土台を取り付けます。処置後は2~3週間、歯ぐきが治癒するまで待ちます。1ピースインプラントの場合は、二次手術はありません。

8.人工歯冠の型取り・装着

人工歯冠を作製するための歯型を取り、噛み合わせ・歯並び・歯の色などをチェックし、人工歯冠を作製し、インプラントに装着します。

9.定期検査とメインテナンス

インプラントは、通常の歯と同様、メンテナンスが必要となります。インプラント周囲炎という歯周病にならないように予防していくことが大切となります。6カ月~1年に1回程度、定期検査でインプラント周囲の汚れをクリーニングをし、口腔内の健康維持を行います。

歯科

自由診療

●1ピースインプラント…150,000円/本

​期間:〇か月~〇か月・回数:〇回~〇回

リスク・副作用:○○○○

●2ピースインプラント…250,000円/本

​期間:〇か月~〇か月・回数:〇回~〇回

リスク・副作用:○○○○

●ソケットリフト手術(埋入部位からの上顎洞底挙上手術)…30,000円/本

​期間:〇か月・回数:〇回

リスク・副作用:○○○○

●サイナスリフト手術(歯槽骨側方からの上顎洞底挙上手術)…200,000円/部位

​期間:〇か月・回数:〇回

リスク・副作用:○○○○

●歯槽骨再生誘導手術(歯槽骨が不足している場合の手術)…120,000円/部位

​期間:〇か月・回数:〇回

リスク・副作用:○○○○

※インプラントの治療費は、健康保険はききませんが、医療費控除の対象となります。